山小屋駐車場のぬかるみ対策

はじめに

山小屋の駐車場にはバックで登っている。その方が出やすいのと、万が一スタックした場合の脱出のしやすさを考えて。

ただ、雨が降ると駐車場の出入り口がぬかるんでしまい、バックで登れず、入り口ギリギリに留めることになってしまう…。さらに下がむきだしの地面なので雨が降ると泥ハネがひどく、車がすぐに汚れてしまい困っている。

そこで、駐車場のぬかるみ対策をすることにした。


使用道具

画像1

使ったのは市販の「オートマット」という商品。ユーザーの評価も高かったし、車のバンバーを再利用したエコ商品ということも購入を決めた理由。

画像6

オートマットは50枚購入した。段ボール5箱分。ヤマト運輸さんに感謝!

画像2

マットを留める専用固定ピンは高価だったので、それよりも安価な「楽釘」を使用。本来は防草シートを留めるためのものだけど、こちらを代用しているサイトもあったので、参考にさせていただいた。

楽釘は50本入りを購入したけど、もう1セット購入しても良かったと思う。そうすれば、さらにしっかりとマットを留められたから。

設置手順

<整地>

オートマット

クワやスコップで土を崩して、それをレーキやトンボでならしていった。

本来はならした後に、「転圧」といって地面を押し固めるべきなんだけど、暑くて手間だったので、足で踏み固める程度でヨシとした。

オートマット2

マットを並べておおまかな幅や長さの確認。縦5枚:横10枚が推奨サイズ。

車をもっと奥に収めないとマットが敷けないけど、この時は地面がぬかるんでいて、これ以上奥には車を移動できなかった。

画像5

試しに10枚ほど敷いてみたけど、失敗!

いくらピンで留めているからといっても、ぬかるみがひどくて、車で乗り上げるとマットがズレてしまう。
なので、大雨の多い梅雨時での作業は中止。梅雨が明けるまで駐車場整備は一旦延期にした。




<土留め>

梅雨が明けてから再チャレンジ!
オートマットを敷く前に、先に土留めを行うことから始めた。

画像7

道路と敷地の間に溝を掘って、コンクリートブロックを並べてゆく。

画像8

隙間を埋め戻して、砂利をブロックの穴に詰める。セメントを流し込めばもっと良かったかもしれないけど、とりあえずこれで様子を見ることにした。梅雨明けの暑さは堪えるので、あまり余分な手間はかけたくなかったのだ。

スロープ

コンクリートブロックの段差解消に市販のゴムのスロープを設置。一つ分の幅は90cm。





<オートマット設置>

オートマットは幅4枚×長さ12枚で並べてみた。
1枚50cm四方なので、幅2m×長さ6m
50枚1セットなので、2枚余りが出たけど、残った分は山小屋の入り口あたりに敷くとしようか。

駐車場

最後にピンで固定して完成!
写真で見るよりも、実際は傾斜地なのでそこが心配。
それにどうせ設置するなら、ぬかるみのひどくなる梅雨前に設置すれば良かったかな。

設置が完了してからまだ使用していないので、結果は分からないけれど、歩いて乗って見ると良い感じ。

後日使用した後のレビュー記事も書いてみようと思う。
今回はここまで。

ご拝読ありがとうございました!


タイトルとURLをコピーしました