小屋暮らしのトイレ手段

小屋暮らし

こんばんは、一城ひとまです。

今回は、小屋暮らしでのトイレについて、考察してゆきましょう。





小屋暮らしのトイレは大きく、二つに大別されると思います。

それは、



1.屋外トイレ

2.屋内トイレ



屋外トイレの方は単純。最悪、野外で穴を掘れば良いのだから。

そこまでゆかなくても、工事現場のように仮説トイレを設置したりする方法もある。




問題は後者。小屋内にトイレを作る方法。

でも、これはYouTubeで検索してたら、すぐに解決方法が見つかった!


それがこちら。



ほぼバケツ!格安簡易コンポストトイレを半年使ってみた感想




12000円で作った簡易コンポストトイレを使用した感想




これは「エコペール」というプラスチック製のペール缶バケツに、ただ便座を取り付けたもの。

用を足した後に、腐葉土や発酵促進剤、おがくずなどを入れて、発酵させ、堆肥化させる。




本来の用途は生ゴミ処理


自分の場合は、このエコペール(18L) に、別会社が販売しているペール缶用合わせ便座がハマりそうだなと思って試してみた。そしたら、これが見事にピッタリ!

ひとつながりのU字型もあったけど、汎用性のある合わせ型を購入




わずか5千円で、トイレが出来ちゃった!!






エコペール に便座を合わせたようす




底にアミが張ってあり、水分が分離される仕組み




Amazonのレビューによると、中に穴を開けたビニール袋を敷くと、容器が汚れなくて良いらしい。

用を足した後は、蓋で密閉すれば匂いも漏れないと思う。

こればっかりは使ってみないとなんとも言えない。

でも、こんなに簡単にトイレが自作できるなんて。



政府はエコペール を買い占めて、アベノトイレとか名付けて、災害対策用に備蓄すれば良いのにと思った(笑)。




トイレの話は、多くの人が語りたがらない傾向にあるけれど、これは人生を生きる上で避けては通れない議題だと思う。介護する人とかしかり、育児する人とかしかり。



粗にして野だが卑ではない

「外見は粗野に見えるとしても、中身はいやしくはない」という意味のことわざ。

人間に使われることが多いらしいけど、これはウンチにも言えると思う。

逆に、外見が高貴であっても、言葉遣いが洗練されていても、中身が”卑”ではどうしようもない。



色々カッコいいこと言ってみたけど、数日でこのエコペールトイレに挫折したら、どうしよう(汗)。



それではみなさんも、良いトイレ生活を!




おわり



タイトルとURLをコピーしました