小屋暮らしのトイレ手段

小屋暮らし

こんばんは、一城ひとまです。

今回は、小屋暮らしでのトイレについて、考察してゆきましょう。





小屋暮らしのトイレは大きく、二つに大別されると思います。

それは、



1.屋外トイレ

2.屋内トイレ



屋外トイレの方は単純。最悪、野外で穴を掘れば良いのだから。

そこまでゆかなくても、工事現場のように仮説トイレを設置したりする方法もある。




問題は後者。小屋内にトイレを作る方法。

でも、これはYouTubeで検索してたら、すぐに解決方法が見つかった!


それがこちら。



ほぼバケツ!格安簡易コンポストトイレを半年使ってみた感想




12000円で作った簡易コンポストトイレを使用した感想




これは「エコペール」というプラスチック製のペール缶バケツに、ただ便座を取り付けたもの。

用を足した後に、腐葉土や発酵促進剤、おがくずなどを入れて、発酵させ、堆肥化させる。




本来の用途は生ゴミ処理


自分の場合は、このエコペール(18L) に、別会社が販売しているペール缶用合わせ便座がハマりそうだなと思って試してみた。そしたら、これが見事にピッタリ!

ひとつながりのU字型もあったけど、汎用性のある合わせ型を購入




わずか5千円で、トイレが出来ちゃった!!






エコペール に便座を合わせたようす




底にアミが張ってあり、水分が分離される仕組み




Amazonのレビューによると、中に穴を開けたビニール袋を敷くと、容器が汚れなくて良いらしい。

用を足した後は、蓋で密閉すれば匂いも漏れないと思う。

こればっかりは使ってみないとなんとも言えない。

でも、こんなに簡単にトイレが自作できるなんて。



政府はエコペール を買い占めて、アベノトイレとか名付けて、災害対策用に備蓄すれば良いのにと思った(笑)。




トイレの話は、多くの人が語りたがらない傾向にあるけれど、これは人生を生きる上で避けては通れない議題だと思う。介護する人とかしかり、育児する人とかしかり。



粗にして野だが卑ではない

「外見は粗野に見えるとしても、中身はいやしくはない」という意味のことわざ。

人間に使われることが多いらしいけど、これはウンチにも言えると思う。

逆に、外見が高貴であっても、言葉遣いが洗練されていても、中身が”卑”ではどうしようもない。



色々カッコいいこと言ってみたけど、数日でこのエコペールトイレに挫折したら、どうしよう(汗)。



それではみなさんも、良いトイレ生活を!




おわり



コメント

  1. 高杉提督 より:

    小屋暮らしトイレも難問ですね。
    いっそのこと数メートルほどのデカい穴を掘って、その上に便器を置くしかないでしょうね。

    ひとまさんのトイレ戦争、応援しています。

    • harappa より:

      井戸掘りチャレンジして、失敗した穴をトイレにするというアイデアも…(笑)
      いまのところ、コンポストトイレ が最有力ですね。

  2. mingming より:

    初めまして。
    梅雨明けしたと思ったらこの暑さ..山の中は涼しいのでしょうか?
    私は俗人なので、記事を拝見していて一番気になるのが「お金」のことですw
    ひとまさんは他の小屋暮らしの方たちより資金が潤沢な感じですよね。
    今までに掛かった費用とか生活費の稼ぎ方とか..
    ザクっとで良いので記事にして頂けたらなと思います。

    • harappa より:

      はじめまして。
      山は平地に比べれば涼しくは感じますが、それにしても日中は暑く感じますね。
      天気予報より2〜3度低いくらいです。15時半過ぎると、だいぶ過ごしやすくはなりますが。

      資金は全然潤沢ではないです(泣)。
      ざっくり土地75万円、小屋70万円、ユンボ38万円って感じです。
      金額的には、新型ジムニーを買ったようなものです(笑)。

タイトルとURLをコピーしました