小屋暮らしの水道手段

小屋暮らし

こんばんは、一城ひとまです。

突然ですが、生きるために最も大切なものはなんだと思いますか?



それは水です!(空気は除く)

写真は、観光で行った新潟県清津峡付近の川


古代文明も大河沿いに起こっています。

小屋暮らしでも、もっとも大事なのは水だと思う。

そこで自分の土地でも、水の確保をしようと考えた。





小屋暮らしの水の確保で考えられる手段を挙げてみよう。



◆小屋暮らしの水道手段

(1)水道管工事

(2)井戸掘り

(3)製水機(空気から水を作る機械)

(4)雨水タンク

(5)河川から給水


以上がざっと考えられる。それでは一つ一つ検討してみよう。





(1)水道管工事 案



自分が購入した土地は、地下に水道管が通っているという話を聞いて買ったのだけど、なんと! 最近になって水道管がギリ通っていないことが判明。



土地の最も高台に水道施設があるのだけど、以前はこれが廃止された施設だと思っていた。YouTubeでもそう紹介したのだけど、最近になり水道業者の方に確認したところ、この施設は減圧のための施設らしく今でも使われているとのこと。


そしてこの減圧施設が自分の土地と隣接しているから、てっきり水道管が通っていると、不動産屋の方も思い込んでいたようだ。



だが、水道管の位置を図面で確認すると、自分の土地とは反対側に管が伸びていることが判明。



つまり、水道管は他人の山林の土地を通っているのだ。

これは面倒なことになった。水道工事を行うためには、他人の許可を取らなくちゃならないうえに、水道管から山小屋までの距離が相当離れている。



直線距離だと急斜面になってしまうので、工事する場合、少し迂回して距離も長くなるらしい。そうなると水道管を延長する距離は50mじゃ効かないと思う。下手したら100mの延長もありえる。当初は、水道工事費予算10万円程度を考えていたので、全然お金が足りない…。いやーまいった、まいった。たまらん。


そこで急遽、水確保のために新たな仕組みを考えることとなった。


それでは、井戸掘りはどうだろうか?






(2)井戸掘り 案




井戸を掘ってもらうことも考え、井戸掘り業者に連絡をしたのだけど、ここでも問題が起きた。自分の山林がある地域は、地下に硬い岩盤が埋まっていることが多く、井戸掘りに適していない可能性が高いとのこと。同じ地域内の温泉施設では、井戸掘りに3000万円かかったそうだ。


もし、地下に岩盤が無く、スムーズに井戸が掘れた場合でも、最低50万円はかかるとのこと。この金額は単純に土を掘るだけの代金。これに、井戸の設置費用や水質検査の費用もかかってくる。色々含めれば、最も上手くいったケースでも、全額100万円近くなってしまうだろう。



その話を聞いて、井戸掘り案は却下した。



悩んだけど、色々ネットで検索したりして調べた結果、次の方法が良い気がしてきた。






(3)製水機(空気から水を作る機械) 案



空気から飲料水が作れる機械が、ここ数年の間にいくつか発売されていたことは知っていた。



昨今の災害の多発で、その存在も一部のメディアでは取り上げられるようになってきた。まだまだメジャーな存在ではないけれど。


ネットで検索すると、3台の製水機が出てきた。



◆代表的な製水機

・エコロブルー ¥426,600

・エアリス  ¥328,000

・泉せせらぎ ¥168,000

(※価格は問い合わせ当時のもの。新型商品や販売店により変動あり。)


それぞれ、製水能力・空気清浄機能の有無、温水の有無などあり、価格で比較することはできない。

そして、この製水機を販売しているメーカーさんに連絡をとってみることにした。



エコロブルー



エコロブルーのメーカーさんからは「早くても来年の納品になってしまう」という返信が来た。残念ながら来年では間に合わない。もう9月の末には引っ越しの予定でいたのだから。





エアリス



エアリス のメーカーさんからは、「9月中旬の納品」という返信。

エアリス は水だけでなく、冷水や熱湯も作れるから便利だと思った。さらに1日に15〜20L(貯水量14L)もの大量の水を作れる。そしてこの機械を購入しようと考えたんだけど、急遽問題点が持ち上がった。それは電気代だ。計算すると1Lの水を作るのに、29円かかる(自己計算)。1日15〜20Lの水を作るとしたら、1日使用しただけでも、約500円もかかってしまう…。企業のオフィスならともかく、小屋暮らしにはこの出費は痛い。それに大型機械ゆえに、交換用フィルターもそこそこ高値。そこでエアリス は見送ることにした。

ちなみにエアリス は近日、新型がリリースされるそう。







泉せせらぎ



最後に、泉せせらぎのメーカーさんに連絡をとった。

泉せせらぎは上記の2台に比べると、小型だ。温水機能や空気清浄機能が付いていない分、安価でもある。

1日の製水量は4L。その時の環境や条件にもよるけど、1Lの水を作るのに24円。1日約100円。一ヶ月で3000円。やや痛い出費だけど、どうせ湿気の多い山小屋だから、除湿機を使っても一ヶ月1000円くらいはかかるだろう。それなら、水も作れる泉せせらぎを、飲料水も作れる除湿機と思えばそこまで高い買い物ではないかもしれない。



そこで、泉せせらぎを購入することにした。少しでも早く納品されるカラーを尋ねてみたら、

「白(ホワイトパール)なら、8月末には納品できる」というお返事。それなら十分引っ越しに間に合う。こうして、製水機は泉せせらぎに決め、振り込みも済ませた。現在、納品待ち。ブログを書いている今頃は製造されていることだろう。


こうして飲料水の確保は決まった。しかし1日4Lでは飲料用がせいぜい。他にも洗濯・シャワー・掃除とまだまだ生活用に水が必要になる。

そこで考えたのが、やはりお決まりの雨水。






(4)雨水タンク 案

参考商品「ホームダム」




参考商品「タマローリータンク」



小屋の屋根に雨樋をDIYして、さらにその雨樋に雨水タンクを接続させる計画。これは小屋暮らしにはかなり適している方法だと思うので、当然取り付ける予定。



ただ今だに雨樋を取り付ける屋根下の塗装すら終わっていないので、まずはそこから。



雨樋さえ取り付けられれば、後はタンクを設置するだけだし、水の確保量が足りなかったら、後でタンクを増設することも可能。



自治体によっては雨水タンク設置に助成金が出る市町村もあるらしいけれど、群馬県ではまだまだ少ないため、自分の地域は助成金は出ない。残念…。






(5)河川から給水 案



自分の土地から道路を挟んで反対側、35~40mのところに小さな河川が流れている。なので河川から給水する方法は、入植当初に考えた案なんだけど、問題点があったのだ。それは自分の土地から河川まで、それなりの勾配があり、電動ポンプでも繋げなければ水を引くことはできないと思った。それでこの案は一旦お蔵入りにしたんだけど、水道管工事ができない今となれば話は別だ。

小屋から道路を挟んで反対側にある河川



道路を挟むためポンプホースを設置することはできないけれど、一輪車に水タンクを入れて、水を汲みに行くくらいはできる。それにネット検索していたら、「勾配のある場所で40mの水を引く手動ポンプ」の存在を知った。

それがこちらだ。

水源から40M離れた場所で 手動で水汲み





【忍法!忍にん・エコセット(手動水ポンプ)】




こちらの商品のメーカーさんにも、連絡をとってみた。



河川から土地までの間に道路を挟むから、延長のロングホースを恒久設置するのは何かあったら危険。だから河川から道路の直前まで延長ホースを設置しておいて、給水する時だけポンプを取り付けたらどうだろうというアドバイスまで頂いた。それならわざわざ毎回河川まで移動しなくて済む。



↑上記の手動ポンプ商品は、見積もりを出して頂いた。ただ、高額商品のため現在検討中。








さらには、ドリルポンプという格安の珍しいポンプも発見!

インパクトをポンプ化する道具【ドリルポンプ】Swappable Drill Pump【SDPH-1】




新潟精機 六角軸電ドルミニポンプ RDP-01【水の給水・排水が簡単にできます】



新潟精機ドリルポンプ。こんな…高さまで水を揚げられるとは…。


本当に様々な用途に応じた製品が発売されていることに驚き!

世界の広さを知る。




今回、水道手段を色々調べた結果、これまで自分がいかに水確保について無知だったかが思い知らされた。サバイバル情報弱者であった…。

でも、色々な手段や道具があることを知って、工夫次第で小屋暮らしも快適化できるかもしれないという可能性を感じることができた。






以上が、水の確保で検討した方法。

小屋から100mくらいの距離にある小滝。恥を捨てればシャワーに使えそう(ジョーク)。






色々と水の確保手段を検討した結果、

結論としては、

飲料水=製水機「泉せせらぎ」使用

生活水=雨水タンク、河川からの給水

という方法でゆこうと思う。

小屋暮らしを本格的に始めるのは、現在の賃貸の契約が切れる10月1日から。

それまでに給水設備を整えることにしようか。






追記:このブログ記事を書いてから間も無く、やはり水道管が土地内にあるということで、役場の方に試掘していただきました。

結局、所有地内からは水道管を見つけられなかったのですが、隣地の水道減圧施設からでも、割と安価で水道を引くことができることを知り、そちらに舵を切り直しました。

注文済みだった、製水機は直後にキャンセルを申し入れました。製水機の機能を体験できなかったのは、残念ですが…。






おわり

コメント

  1. サイゾウ より:

    ポンプに頼らずに、サイフォンの原理でホースのみで給水する方法もあります。
    キミジローさん(小屋ぐらし)が、湧き水かなにかを、サイフォンの原理で、水引っ張って来てました。
    複数の手段を確保して、リスク分散の必要があります。
    雨水タンクも、降水量が少なく水が不足する可能性、整水器も故障の可能性もあります。そういう場合のために、飲用可能な湧き水が近くにないか調べたほうが良いと思います。 
    あと、防犯対策も必要だと思います。仙人郷さんも、小屋荒らされ、からあげ隊長も、ジムニータイヤパンクせせられたりしました。
    不便過ぎても嫌になります、かと言って文明の利器に頼ればランニングコストがかかります。
    どこかで、バランスを取らないと、持続は難しいです。
    数年とか、数カ月で小屋暮らしから離れる人が、今までもいました。

  2. サイゾウ より:

    ミキジローさんの間違いでした。

  3. harappa より:

    そうですね!リスク分散のためにも湧水地を探検しようと思います。ちょっと距離は離れていますが、ドライブ中それらしいものを見つけたので、後でチェックしようと思います。

    防犯対策も監視カメラ以外に、何か考えないといけないですね。動物用の罠とか?
    たしか仙人郷さんはチェンソーを盗難され、からあげ隊長さんはジムニーのタイヤをスペアも含めて全てパンクさせられたらしいですね。
    先人たちの防犯対策も色々と参考にさせていただこうと思います。

    ミキジローさんのブログは見当たらなかったのですが、消されてしまわれたのでしょうかね…。Bライフ先人の方が小屋暮らしをやめられると、自分の行末も心配になります…。

  4. 匿名1 より:

    今回は某氏のアイコン無しだったので真面目な?話題だと思いコメントさせて頂きますが、水道は、その地域の水道組合などの形態にもよりますが、自宅の敷地まで(計量メーターまで)の配管や工事は組合の負担、メーターから建物までの配管が自己負担となっている場合が多いのでは無いかと思います。ただし住宅地ではないので別規定かもしれませんが。趣味的要素を優先されるなら別ですが、生活のためには水道を引くのが最も間違いないと思いますのでここは冒険しすぎないことをお薦め増します。

    また、契約時の説明と違うので、不動産屋に強く主張して、自宅までの水道配管を負担してもらうことも試して見るべきではないでしょうか。それも土地代に含まれているので、現状説明の誤りは売主の瑕疵となるでしょう。

    • harappa より:

      某氏のアイコンを使った茶番は、個人的にはやりたいのですが、続けるとエスカレートして某氏に迷惑がかかりそうなのと、コバンザメ商法のような気がして罪悪感を感じてしまうので、ちょっと控えました

      水道の件は、水道業者の方に連絡して聞いてみたのですが、敷地までの配管工事も自腹とのことでした…残念。
      ともあれ水道管を使わない方法は、あまりお金をかけずに様子を見ながらの方が良さそうですね。

      • 匿名1 より:

        敷地まで自腹、確認済なのですか。
        だとしたら私なら不動産業者に強くクレームしますね。説明と違うわけですから、その分は業者さんにもってもらうのが筋でしょう。全額が無理でも交渉次第だと思います。

        ひとま氏のブログや建築の手法から性格を読むに、あまり原始的な生活は望んでいないのではないかと思います。雨水方式は夏に虫が湧きます。冬は土地によってはタンクごと凍ります。川からポンプも、数ヶ月でパイプやホースに苔やカビが生えますし冬は凍って破損します。
        ドリルの先端に付けるポンプは、はっきりいって生活用としては耐久がなさすぎます。

        やはり電気と水道だけは、快適な小屋暮らし、生活が第一なら必須だと思います。
        まあ快適さよりもネタや趣味性を重んじるなら話は別ですが。どちらを選ぶかは、もちろんひとま氏ご本人です。

        楽しみにしてます!

        • harappa より:

          エールありがとうございます!
          原始的な生活は望んではおりませんので、色々対策が必要ですね。
          カビ対策、凍結対策と色々やることが多そうです。

          やってみて始めて小屋暮らしの大変さが分かってきました。
          がんばりすぎずにがんばりたいと思います

  5. サイゾウ より:

    Bライフに、2通りあるように思います。
    仙人郷さんのように、不便を受け入れ、不便を楽しむような暮らし。
    わたぐもさんのように、空き家を借りて、ある程度不便さを解消する暮らし。https://watagumohuwahuwa.blog.fc2.com/
    (賃貸年間5万円で、初期費用を抑える)
    私は、実現に踏み出せないなか、シュミレーションばかりですが。

    • harappa より:

      時間を戻せるものなら、古民家や旧別荘を買ってリノベーションしたい気持ちです(苦笑)。

  6. 高杉提督 より:

    水問題!

    小屋暮らし最大の難問が登場ですね。

    自分で井戸が掘れればいいですね。

    一城ひとまさんの格闘戦、応援してます。

    • harappa より:

      井戸掘りといえば、吉田かつやさんですね!
      でも、かつやさんの動画を見て、井戸掘りが大変だと感じたので、掘りたくないです…

      • 高杉提督 より:

        https://www.aut.ac.jp/fun/kawai/others_01.html

        >ひとまさんの土地なら5メートル掘ればいけると思います。飲み水にするなら浄水器か煮沸すればいけると思います。

        川の水は水利権などいろいろ、その土地で規則があるので簡単に利用できないと思います。地元との方とトラブルになるかも?

         ひとまさん推薦のかつやさんの井戸掘り見ましたが、あれで全然、楽なほうです。自宅に井戸があるといいですよ。

         最後になりますが空気から水を作る機械、初めて知りました。すごい世の中ですね。

         応援してます。

        • harappa より:

          その5mを掘るのが大変なのですよ、たぶん

          どのみち、井戸掘りチャレンジするにも、夏が終わってからですね。

          かつやさんの井戸掘りで楽なほうと言われると、余計にハードルが上がりますね

  7. ハンゾー より:

    色々あるのですね。参考になりました。

    他に雨水タンクや河川の水を利用して蒸留水器に通す手もありますね。
    泉せせらぎよりワット数が少し大きいですが、4Lで70円程の電気代のようです。
    本体代はだいぶ安く済みそうです。
    狭い小屋だと騒音が問題になりましょうか。

    強者の方は雨水タンクや河川の水をそのまま煮沸利用、浄水器に通す手もありますね。

    • harappa より:

      お金があれば、蒸留水器も欲しいです。
      一応、からあげ隊長ブログで知った、「ソーヤーミニ」という浄水器は持っているんですよ。
      潔癖さんは、このアイテムで浄水していたので、時間はかかりますがこれを使うという手もありますね。

      泉せせらぎで巨額を投資したので、これ以上の電化製品の購入は控えたいと思っております

  8. サイゾウ より:

    手動ポンプ自作と言う方法もあります。
    水槌(水撃)ポンプと言うのを、自作されている方もいるようです。  
    https://sanbikitoossan.hatenablog.com/archive/category/%E6%B0%B4%E6%92%83%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%97
    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E6%A7%8C%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%97

  9. harappa より:

    時間と心に余裕があったら、ポンプ作りにもチャレンジしてみたいですね。いつか。

  10. サイゾウ より:

    仙人郷さんの土地のように、ポツンと一軒や状態ではない様子。
    田舎の場合は、噂に尾ひれがついて広まる事が、往々にしてあります。
    川の水汲むにしても、余り目立たないようにしたほうが良いと思います。森のテロルさんも、川で土付き野菜洗っただけで、通行人に白い目で見られたりしたようです。 

  11. 初めまして!
    ちょうど私も小屋暮らしにおける水の確保手段を模索しております。

    製水器、飲料水としては十分量が取れるんですね!!
    実用的なレベルだとは思っていなくて深く調べたことはなかったのですが、選択肢として食い込んでくるまでになっているとは驚きでした。

  12. harappa より:

    コメありがとうございます!

    製水機、良さそうですよね。
    電気はあるけど、水道管が無い土地とかには適しているかもしれません。

    今後防災対策として需要が増えて、価格も下がってくれたら、さらに嬉しいのですが。
    井戸掘りよりはリーズナブルだから、選択肢としては十分アリですね。

    小屋暮らしチャレンジ、応援してます♪

  13. サイゾウ より:

    敷地内に水道管埋まっている可能性があるとの事。
    埋まってない可能性も0ではないので、ミキジローさんではありませんが、他のBライフの方の、沢水引水の記事見つけました。
    参考にしてください。
    http://tsumujitsumasaki.blog.fc2.com/blog-entry-151.html

  14. サイゾウ より:

    お金はかかりますが、水道管が塩ビ管なら地中レーダー(地中探査機)で探すか、鉄管なら金属探知機で探すという方法もあります。レンタルもあります、地中レーダーで、1日13000円位らしいです。
    https://www.nttrec.co.jp/product/category/32921400

    水道管は、工事現場の都合で、埋設位置を変更して、図面上変更されないことが多々あるらしいです。

    • harappa より:

      おお、これはとびっきりの情報ですね!
      13000円は、Bライファーにとっては痛い出費ですが、やみくもに掘っても見つかる可能性は限りなくゼロなので、
      かなり前向きにレンタルを検討したいと思います。

      アドバイスありがとうございます!

  15. サイゾウ より:

    あれから、再度、地中探査機レンタルを調べたところ、法人に対してしか、貸し出しをしていないことがわかりました。(リンク貼ったところは)
    他のレンタル会社は、個人に貸してくれるかもわかりませんが、可能性は低そうです、すみません。
    金属探知機で探す方が、現実的かもしれません。

    • harappa より:

      実は自分もレンタル業者に問い合わせたら、「法人のみです」と断られてしまいました…。

      ただ水道に関しては少し進展があったので、こちらには書きませんが、
      後日ブログ記事にしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました