セルフビルド山小屋の固定資産税

はじめに

2019年の年末に7200平米の山林を購入して、2020年に自分で山小屋をDIYした。

その山小屋の固定資産税の通知書が先日届いた。

固定資産税とは、毎年1月1日の時点で存在している不動産の所有者に対してかかる税金のこと。



昨年秋、山小屋が完成し引越してまもなく、役場の方が山小屋を確認しに来られた。
ただ通知書が届くまでは、一体自分で建てた山小屋がいくらくらいになるのかは検討がつかなかった。


広い土地に建築物を建てると、その土地全体の地目が「宅地」になってしまう場合がある。
自分の場合は広い山林に山小屋を建てたため、全ての土地が「宅地」扱いになったら膨大な税金になってしまう。
しかし、これに関しては役場の方が気の毒に思われたのか調整して頂けた。


具体的には土地を分割して、山小屋周辺だけを宅地扱いにしてもらえた。
「分筆(登記簿上の土地の分割)とは違い、あくまで税金の計算上の分割。
役場の方がメジャー(巻尺)で測定された。



山小屋・土地の評価額

まず山小屋の評価額。

ほとんどホームセンターにある資材を使って、セルフビルドしたため、格安評価を期待していたけど、そんなことはなかった。

自分で作った山小屋は、広さは12畳、最大室内高3mの小屋と呼ぶには比較的大きな部類。

その評価額は・・・・

やまこや


約96万5千円!

思っていたよりも高く見積もられてしまった。

山小屋が完成してからも手を加え続けてきたので実際の金額は分からない。

ただ、当たらずとも遠からずという金額だとは思う。


続いて土地の評価額。

山小屋周辺の宅地部分は・・・

約37万円

ん〜高い! もともと山林だったし。

ただし、課税標準額(固定資産税算出の評価額)は

約6万円

金額が大幅に違うのは、前年度は山林扱いだったからかな?

通知書の見方がよく分からないので理由は不明。


画像1

残りの山林部分の評価額は・・・

約15万円

たぶん、これは変化ないと思う。



山小屋・土地の固定資産税


評価額に対しての固定資産税/年は、

山小屋が

約13500円



高い! ただし新築物件は最初の3年間は半額なので、

約7000円

まあ、このくらいなら辛抱できるかな。

土地の固定資産税はなし。

評価額30万円以下の土地に関しては、固定資産税はつかない。



その他

山林内には電柱と支線が入っているため、敷地使用料としてそれぞれ1500円、東京電力さんから頂けてる。

電柱敷地使用料 ー3000円



まとめ

山林を購入して山小屋をセルフビルドした結果、固定資産税は

約13500円/年

支払うことになってしまった。

しかし、最初の3年間は軽税税額があるため、

約7000円/年

さらに電柱敷地使用料分の3000円を差し引けば、

約4000円/年


山小屋暮らし4年目以降は、差し引き金額で

約10500/年

の固定資産税支払いとなる。


年間1万円、1ヶ月900円の家賃と思えば安いものかな。



最後に

以上がセルフビルドの山小屋の固定資産税情報でした。

固定資産税の支払いを避けるために、建物の基礎を作らなかったり、トレーラーハウスを置かれる方もいるけど、このくらいの負担額だったら、ちゃんと基礎のある山小屋にした方が、個人的にはおすすめかなと思います。

これから小屋暮らしや山暮らしをされる方の参考になったら幸いです。


タイトルとURLをコピーしました